がけっぷち隠れオタクOLの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタク女子とマクゴナガル先生

みんな、ひみつにしてね。(こっそり)

なんと、うちの近所に、

マクゴナガル先生がいるんです!!!(重大発表)

ああん。
ひ、ひかないで~。

わたしは、ハリーポッターを観て(読んで)以来、 ダークカラーのトラ猫 を見ると、すべて マクゴナガル先生 だと思い込んでいる、ちょっと頭の弱いやつなんですが。

うちの近所にいるトラ猫こそは、

マクゴナガル先生に違いない

と確信してます。

マクゴナガル先生である確率87%だ(眼鏡きらりーん

っちゅーのも、いつも駐車場の黒い車の上か駐車場のお隣の家の室外機の上にいるんですがね。

ふつうの猫ちゃんみたいに、

だら~ん

とせずに、

いつ見ても、お座りしているんです。

びしっ

としてます。

ええ、まるで プロフェッサー・マクゴナガル のようです。
んでさ、毎朝プロフェッサーと目が合うんだな。
もちろん、礼儀正しいわたしは、毎朝あいさつをする。

「ごきげんよう、マクゴナガル先生」

あ、もちろん、声には出してませんよ。そんなことしたら、あぶない人です。
そこから歩いて5分の交番に連れて行かれちゃいます。

で、で。
さらに、心配性なわたしは、

「マクゴナガル先生、大広間で食事をとらなくて良いのですか?それより、毎日こんなところにいらして、授業はどうされているのでしょうか」

はらはらしているわたしに対し、プロフェッサーはいつも落ち着いています。
まるで、

「ミス・グレンジャー。あなたの心配にはおよびませんよ。あなたはあなたのやるべきことをなさい。」

そう語りかけているかのようです。
そう、そのトラ猫は、そんな、まさに本に出てくる通りの マクゴナガル先生 なのです。
威厳たっぷりです。

先日も、わたしは駐車場にプロフェッサーの姿を見つけました。
口元に笑みを浮かべ、早速朝の挨拶をします。

「おはようございます、プロフェッ・・・・サー!!!???

その日、プロフェッサーは黒い車の上ではなく、車のそばにいらっしゃいました。

そして。

季節外れの、 かまきりらしきもの を 召し上がっていました。

それでも、わたしは信じます。
あのトラ猫はマクゴナガル先生だと。
きっと、プロフェッサーは、かまきりがお好き なのです。
わたしも、良い大人ですので、それは 個人的趣向 なのだと理解して、特になにも申し上げませんでした。

先生、わたし、いつでもホグワーツに入学できますヨ。
はやく入学許可証もってきてね。

ランキングに参加することにしました!
楽しんでいただけたら、クリックお願いします

b_02.gif


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。