がけっぷち隠れオタクOLの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園祭の王子様 2

月曜に焼いたスコーンはあらかた食い尽くしました
クロテッドクリームやらジャムやらを試す前になくなりそうです、隊長! それなのに、どうして火曜にスコーンを焼かなかったかというと。

火曜の晩は、もんじゃお好み焼きたこ焼きそばめしを食べてました。

ええ、ええ。

氷帝のメガネと、山吹のラッキーたちの陰謀です。

またしても、誰かの掌の上で踊らされています。
つぎは餡子ブームが到来しそうで、いまからビクビクしております。

お好み焼き屋さんでのあれこれは、「オタク女子と関西人」につづくヨ。

スポンサーサイト

学園祭の王子様

学園祭の王子様を購入して、はや2週間。

攻略にすっかり夢中になってレポをしていなかったので、ここらでご報告をば・・・。

と、言っておいて、

跡部様萌

とかいう話じゃなくて、ほんと申し訳ないんですが。(そういう話は、2周目に各キャラのせりふの書き出しなどをしてからにしたいと思っておりますですよ。)

わたしは、学園祭の王子様を攻略中、王子様たちよりも、王子様たちの開いている模擬店の方に心を奪われまして。

あれですな。

花より団子

っちゅーやつです。
で、すっかりはまっちゃいました。

スコーン作り

ネットでレシピを拾ってきて、せっせと作ってます。

なんか、最近寒くなってきたしさぁ~。
紅茶と良く合うんだぁ、これが。

作ってみると意外と簡単だしさ、今週に入ってもう2回も焼いちゃったよ。
日曜と月曜に。連チャンだよ。一日にどれだけスコーン食ってるんだよ。
仕事から帰ってきて、夕飯も食べずにスコーン焼いてるって、ちょっとどうかと思うはまりっぷり。

クロテッドクリームは未購入なので、通勤途中で寄り道できるスーパーのうち、結構小洒落ていると思われる成城石井に行って見てこようと思います!!!
お紅茶も急激に減っているので、買い足してきます!!!いってきますゼ、隊長!!

なんだか、すっかり「んふっ」のあのお方のシナリオに踊らされている気がしないでもないですが、食欲の秋だし、まあ、良しということにしようと思います。

まだまだつづくよ。たぶん。

オタク女子の買い物

なんといいますか、オタク女子だからといって、別にBL本とか同人誌とかBLドラマCDとかばっかり買っているわけではなく(大好物ですが)。
たまには普通の買い物もします。ええ、しますとも!(力説)

オタクという素質のひとつに、「興味のある事柄について、時には時間も財力も省みずにとことん追求する」という性質の有無が問われるかと思うのですが、わたしの場合、その性質がそういう分野のみならず、いろいろな分野に向く傾向があるようだということが、なんとなく分かってきました。

今回は「買い物」をテーマに挙げたので、わたしの「(興味のあることに)投資して惜しくない金額」だけど「その金額を出すのに、多少なりとも支払いに頭を悩ませる金額」
いわゆるボーダーライン文字色の金額と買い物について語りたいと思います。

みなさまのボーダーライン金額はいかほどでしょうか。
唐突ですが、わたしのボーダーライン金額は5万円です。(きっぱり)

この金額について、どう感じられるか。それは人それぞれだと思います。
が、OLをしていて、毎月一応決まった収入のあるわたしが、特に計画や予定をしていたわけでは無いものに、

「よっしゃー、買ってやるぜ~、待ってろよ○○←欲しいものの名前!!!」

と、一念発起して出せる金額はこの額です。(給料日前とカードの引き落とし前は払えんがな・・・)

きっと、普通のOLちゃんだと、この時期はブーツやコート。もしくはバッグやアクセサリーなんかに、この類の出費をするものだと思われます(まじめに考察)。

で、今回何を購入したかというと、

ファブリック

ええ。
いたって普通です(わたしにしては)。
けど、なんだって、ファブリックにこんなにお金をかけてしまったかというと、理由が一応ございまして。

わたしが購入したファブリック。
Cath Kidsonという会社のものなのですが、どうも日本に直営店がないらしいのですよ(HPに行って見てみた)。
たま~に、この会社のトートバッグや小物は見かけるんですが、シーツやら枕カバーやらはとんと見かけたことがありません。
一目惚れはずっと以前にしていたのですが、今回は俄然手に入れたくなりました。

例えて言うなら、はじめて「ときめきメモリアル」をプレイしたとき、藤崎詩織いいなぁ・・・・と、思ったけど、なんか高嶺の花で、攻略難しそうだから、一周目は当たり障り無く虹野沙希ちゃんなんかを落としつつ、コツがつかめてきた二周目、三周目にそろそろ詩織いっとく?みたいな感じです。

わかりにくいたとえでごめんね。えへ。

んで。
そもそも、なんで急にファブリックが欲しくなったかというと。

海外ドラマを見て、きれいにベッドメイキングされたベッドが素敵だと思ったから。

それだけ。(だめだめだな、わたし)

ほら。
きれいなベッドカバーがかかっていて、枕とかクッションがいくつも置いてあるベッドの映像ってあるっしょ?
ああいうベッド回りって素敵じゃない???
かわゆくない???

というわけで。

初海外通販。
初個人輸入。


ベッド回り用品大人買い。←ここらへんの執着心というか変な完璧主義がオタク的性質をぷんぷん匂わせていると思われます!!!

英語のフォームでのやりとりだったけど、問題なくクリア(あの英語レベル※10月22日の日記参照 でも、海外通販は出来るんだぜぃ。すごいや、海外通販)。

で。
今月はじめ。
夢のファブリックたちが、荷物3つに分かれて届きました(かさばるものとはいえ、どんだけ買ってるんだよ)。

で、で、さらに先日。
カードの引き落としの明細が届きました。

1£=280

でのレート換算。

購入を決意した日のレートは

1£=230

くらいだったのに・・・・。

みんな。
海外通販楽しいけど、為替の変動には気をつけようね。
ほんとに。やばいよ。

オタク女子海外アニメを見る「ピンキー&ブレイン」の巻

わが家では、ケーブルテレビに加入しているのですが、その中に「cartoon network」というチャンネルがあります。

このチャンネルで何を放送しているかというと、もちろんアニメです。

アメリカの。

有名どころでは、「パワーパフガールズ」「トムとジェリー」なんかが、
ここで放送されてます(たしか・・・)。

で、このカートゥーンネットワークの数多あるアニメプログラムの中で、わたしのハートをわしづかみにしたアニメのひとつが、タイトルの「ピンキー&ブレイン」です。

えー、簡単にこのアニメの内容を述べると、

二匹のねずみ(ピンキーとブレイン)が、科学の力を使って世界征服をする。

っちゅー話なんですが。

ええ。ええ。分かりますとも。
つっこみどころ満載の設定でしょ?
でも、待ってくれ!
このアニメの素敵な設定以上に、素敵なのが主題歌
残念ながら、英文の歌詞はチェックしていないんですが、
日本語の歌詞が、すごいんです(いろんな意味で)。


ピンキー アンド ブレイン

ピンキー アンド ブレイン

目的は~ ただ ひとつ~

(忘れちゃったけど、なんか2フレーズ)

世界征服~

ねずみ ピンキー アンド ブレイン

ブレイン ブレイン ブレイン

ブレイン ブレイン ブレイン ブレイン ブレイン(エコー&ミュート)


これも、歌詞カードを見て記載したわけでなく、夕食時に欠食児童のように、肉やら白米やらを
かき込みながら聞いていたので、定かではないのです。

が。

どうですか、この歌詞。
どうよ、お嬢さん(あっ、逃げないでっ)。

アニメの内容を端的に表しているという点では、大変すぐれた歌詞だと思うんですが、
特に注目したいのが、


ねずみ ピンキー アンド ブレイン

の部分。


ねずみ


ねずみ(!!)

いや、たしかにピンキーとブレインはねずみだけどもさぁ。
こんな、根も葉もない言い方しなくてもさぁ。
世界征服をたくらんでいるねずみに

「ねずみ」(びしっ)

なんて言ったら、きっと傷つくぜ~。傷ついちゃいますぜ、親分。

それで、思ったわけですわ。
原文も「ねずみ」だけだったのかな?
なんか他に 修飾語 がついていたんじゃないのかしら?

たとえば。

「野心家」ねずみ

とか。

「なかよし」ねずみ

とか。

「ホモだち」ねずみ

とか。

ねずみ ピンキー&ブレインの謎は深まるばかりである。

(そして、落ちないまま終わる。)サイテー

オタク女子、テキストサイトと出会う

わたしがはじめてテキスト系サイトというものを知ったのは、5年前。

今でこそ、ブログという便利な媒体が出来たおかげで、上質のテキストにたくさんめぐり合うことが出来るようになりましたが(探しやすくなった・・・っていうのかな?)、その当時は、テキスト系サイトっていうのはまだまだ少なかったように思います。

で。

わたしが、職場の同僚に教えてもらってはじめて訪れたのが、
テキスト系サイトファンで知らない人はモグリだといわれても仕方がないであろう、健さん

「侍魂」

です。
「侍魂」というサイト名をご存知ない方でも、「先行者」というロボットなら覚えているんじゃないかな???と思います。
(ほんとに、すごいサイトです。当時、仕事中に読んでいて、何度も噴出しそうになるのを、わざとらしい咳払いで誤魔化しました。)

この記事を書くにあたって、久しぶりに「侍魂」にお邪魔しましたが、何回読んでも面白い
拝見した記事自体、数年前のものだから、ふつうは多少なりとも古臭さや時代を感じさせることがあるのが普通だと思いますが、今読んでも、まったく遜色なく楽しめちゃいます。

それで、思ったものです。

本当に面白い、人を楽しませる記事には不変的な人を笑わせるツボが潜んでいて、そのツボは、きっと、 どんな人でも共感出来る、興味を持てる事柄のこと なのです。
そんな、どんな人が読んでも、誰にでも少しは共感出来る「ツボ」と、そのときどきの話題性とかユーモアを絡めて、文字に書き表したものが、 「おもしろい」記事 なんだと思う。

で、そんな考察を頭のすみの置いて「侍魂」の記事を読んでみる。

健さんの日記、エロビのレンタルネタ多すぎです!!!

もしかして、ただのエロ好きですか?????

いやいや、そんなことはないです。
すみからすみまで、記事を拝見すると、健さん真面目そうな人となりが見えてきます。
最近お腹の底から笑ってないなぁ・・・というあなたに、オススメのサイト様なのでした。


オタク女子と大荒れの天気

ちーっす!!!(さわやか体育会系風)

台風一過と申しましょうか。
今日は昨日とはうって変わってよいお天気です。

昨日の夜はあまりにも寒いので、電気毛布を引っ張り出してきました。
でないと、布団が冷たくて眠れません。
ほんとうは、電気毛布なんかより、主の命令には絶対忠実な麒麟ちゃんなんかがいれば
最高ですが、わたしには天啓のカケラもございませんので、我が家には残念ながら麒麟ちゃんはいません。

つーわけで、十二国記のお話なんかしちゃいたいと思います(前置き長かった・・・・・)。

十二国記といえば、長らく新刊が出ていないのにも関わらずわたしが晴海ファイナルコミケデビューをした頃から、現在に至るまで、熱心なファンを一定数確保しつづけている(多分な)、
日本が誇るファンタジー(たまにホラー?)で、オタク経験者なら一度くらい名前を聞いたことがある小説のひとつであるかと思います。

で、その十二国記。

こっちの世界と十二国を行ったり来たりするときに、「蝕」というものを起こして移動をするのですが、この蝕という現象が、まさに昨日のような天候なんですヨ。

大規模な蝕の起こる舞台は、原作中では毎回 なんですが、十二国記ファンなわたしは、
大変不謹慎ながら(ほんとにほんとに、被害に遭われた方ごめんなさい)、ニュースの中継で荒れた海の映像が出ると大興奮。

「あああああぁぁ・・・・、小松が、小松がきとるんじゃぁ~」

とか。

「陽子ぉ~、わたしも連れてってくれ~!!!」

とか。

「こおりぃぃぃ」

とか。

心の中で毎回叫んでいます。
けどさ、けどさ。
よくよく考えると、迎えに来たのが可愛い麒麟ちゃんだったら良いけど、ぶーな麒麟ちゃんだったら、ぜったい

「許す」(びしっ)

って言えないよね。
そうすると、十二国に行こうかどうか迷っちゃいます。(つーか、王になるわけじゃないんだから、関係なし。行ってよし!)

そんなわけで、昨日みたいな天気のときに海に行っちゃいけないヨ、っていうお話でした(妖魔とか麒麟とか女怪とかに遭遇しちゃうかもしれないよ)。

オタク英会話を習う

Hi! How are you!(きらきらり~ん)
タイトルに恥じないように、英語で挨拶してみました。(金払って英語ならってこのレベルかよ)

まぎれもないオタクのわたしですが、アニメやらゲームやら以外にも、一応趣味がございまして。

そのひとつが英会話でございます。(どどーん)

その英会話スクールですが、いわゆる大手の英会話スクールのように教材があるわけではなく、先生とふたりっきりで、1時間フリートークをするという、英会話初心者にはかなりハードな授業形態をとっているのでございますよ。

中学生レベルな単語力で、話したいことも話せるわけがなく、ある日、進退窮まったわたしが発した質問は、

「せんせいさあ、娘さんがいるじゃん?やっぱり日本のアニメ見てたりすんの?」

ええ、ええ。
どうせわたしには、一般的な話題で、一般的な人と会話の間をもたせる話題の幅はありませんよ。
その代わり、こっち系(漫画とかゲームネタね)なら任せろぃ!!!
英語では語れないが、日本語で一時間でも二時間でも語ってやらぁ(※注:英会話レッスン中です)。
そんな気持ちで、苦し紛れの質問をしたのですが、これが大ヒット。

やった。
Yummy!(そりゃ違うだろう)
世界のジャパンアニメーション!!!
ありがとう。
ありがとう。

っつーわけで、せんせいの娘さん、Aちゃんの萌アニメ情報をゲット。

んで、そのアニメは・・・・っていうと、

NARUTO

でした。

ありがとう。岸本先生。
ありがとう。週間少年ジャンプ。
のみならず、異文化コミュニケーションの橋渡しまでしてくれるなんて、なんて素敵なのかしら。
最近コミック買いばかりしてるけど、たまには本誌も買うよ。

というわけで、家にあると思われるナルトのコミック持ってくるよ~。

とか。

日本にはアニメ専門誌が何誌も出ててね・・・。

とか。

そんな話に花を咲かせつつ、レッスンを終了させたのでした。

てなわけで、今週はおしまい。
でも、まだまだ、レッスンは続くってばよ~。

オタク女子合コンへ行く

んちゃ!(アラレちゃん風)

金曜の夕方に放送されていたドラゴンボールが終わって、アラレちゃんに代わってました。
わたしは、リメイク版のアラレちゃんより、初代のアラレちゃんが好きです。

とくにやまぶき先生!!

あのゴージャスな金髪にあの色気じゃないと、どうも調子が出ません。
どんくらい調子が出ないかというと、アラレちゃんにめろめろになって、本来の力を発揮しきれていないおぼっちゃまんくんくらいです。



今日は花の金曜日(古っ)。
水曜日にamazonで注文した>「学園祭の王子様」がそろそろ届くはず。
まさに花の・・・というより、むしろ薔薇色の金曜日なのですが。

が。

なぜかその日は合コンでした。
オタクでも、1年に1回くらい7年に1回くらい(こち亀のヒグラシさんのようだ)は、合同コンパなるものに、誘われたりするものなのです。
行かずにゲームをやりこむという選択肢もあったのに、どうして場違いにもその飲み会に参加したかというと。

相手が医者だったから。(きっぱり)

ほら、ネタ的にいろいろオイシそうじゃない??

クールビューティーな外科医(男) × ちょっとドジっ子な研修医(男)

の話とか

やさしそうだけど、実はSな小児科医(男) × とっても気が強くて、その言動が墓穴をほっていることに気づかず、ドツボにはまっていく、ちょいおバカな中高校生(男) ←長い上にマニアック

の話とか

もしかしたら聞けるかもしれないし。

それより、なにより。

ひょっとしたら、コトーせんせいがいるかもしれません!!!!

コトーせんせいがメンバーに入っていたら、一番好きなカップ麺はなんですか?って聞こうと思いながら、指定の飲み屋に行くと、やっぱりコトーせんせいはいませんでした。(萎)

つーか、外科医すらいなかった。内科だった。
しかも、BLネタは一個も回収出来ず

おいしいネタといえば、そこにいた医師のうち2人の、女子のどこに萌を感じるか・・・という話題で(どんな話題だ)、ちょっとマニアックな回答を聞けたことだろうか。

曰く。

腕を手のひらを上にして伸ばすと、くの字っぽくカーブを描きますよね?
あのカーブ。あのラインがたまらんのですって。
へえ~。

こいつら、話せるじゃん!!!(どーん)

わたしも、桜木花道の筋肉質な腕のラインとか、ひきしまった足首からふくらはぎへのラインが好きです(告白)

まあ、そんな飲み会でした。
もちろん、それ以上のことは何もありませんでした。
彼氏いない歴を順調に更新中であります!!!(びしっ)

ひとまず・・・

ブログはじめました。
よろしく!

なんて、ふつうなことを書いても、まったく面白くもなんともないので、ここはひとつ、
わたしとめくるめくおたっきーな世界との出会いなどを語りたいと思います。




あれは忘れもしない中3の夏。夏休み直前。
教室の室内温度は、かるーく30℃を超えてました。

というのも、わたしの通っていた学校は、中学・高校が一緒になっている学校だったんだけども、高校生はお受験対策と称して、冷暖房完備のとっても快適なお教室で学んでいらしたのですが、受験が無くとも高校にあがれる中学生は、とっても古めかしいストーブと扇風機で3年間を過ごしていたのでございますよ。(ちなみに、わたしが高校を卒業するころ、冷暖房完備の中学校校舎兼特別教室棟ができやがりました。ちっ。)

そのあっつい教室で、クラスメイトがわたしに一冊の本を差し出したのです。


その本はコバルト文庫
コバルト文庫といえば、当時ティーンズハートと勢力を二分にしていた乙女たちの愛読書でした。
わたしはどっちかというと、あまあまなティーンズよりも、推理ものあり、冒険ものあり、恋愛もありなコバルト派でした。どうでも良いですが、当時の大好物は藤本ひとみ先生の「漫画家まりなシリーズ」でした。

で。
そのコバルト文庫。
背表紙はで(ぴーんと来る人は来ただろうなぁ)、めずらしく男の子の表紙でした。

学期末のテストは終わって、夏休みまでのヒマな期間に、シリーズで本を貸してもらえて、
ラッキーとか、思いながら帰宅して、一冊目を読み始める。
一冊目、読破後は、

へえ、この直江っていうひと、えらいなぁ。
むかしの武士の忠誠心ってすごいなぁ。←まだまだピュア

なんて、思ってました。

が。

その夏が終わるころ、ピュアだったわたしは、直江のことを、

犬。

と、呼んでました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。